<次のページ>
  よくある質問 コーナー 

Q )  金ゴールド と ホワイトゴールド… 違いってなに? 

皆さんがつけられている指輪などはK18ゴールドが一般的ですが、K18やK14などには

プラチナのように白く見えるものがあります。

それは簡単に言うとK24はほぼ100%金ですが、純金の場合は軟らか過ぎて加工に不向き

のため割り金という作業で硬くしなければなりません。

つまりK18の場合は75%金(k18=750K)で残り25%分は銅やパラジゥムが

混ざっています。なので残りをパラジゥムだけで混ぜると白っぽい色が強くなります。

逆に金色のゴールドは銅の割合が多いということです。

ただK18ホワイトゴールドは金の割合の方が多く素の色が薄茶系になるものがありため、ほとんどの

製品にはロージュム・コーティングされてプラチナ色に加工されています。

Q )  自分の指輪やネックレスの金やプラチナを溶かして新しく作りたいんだけど・・・・?

もちろん出来ますが 、お勧めできない場合もあります。

お持ちの貴金属が純金の場合は溶かして違う型のペンダントトップなどには加工できますが、もしリング等に

する場合は軟らかすぎます。K18ゴールドやプラチナ900のジュエリーを溶かして加工する場合はそれぞれに

割り金(合金)が入っているので、その割合の違いから造りの工程がやっかいになる場合があります。

特にホワイトゴールドなどを リフォームされるときは下取りに出して新しく製造してもらうか、その物を使って

改作したほうが良いと思います

Q )  ダイヤモンドって、いろいろな色があるみたいだけど。。。どれが一番高価なの?

一般的にもっとも知られているのは無色のダイヤモンドですが、天然ダイヤの場合は茶色や黒斑色した

ダイヤモンドのほうが産出量としては多いんです。

ダイヤの価値は4C(カラット・カラー・クラリティー・カット)で判別されていますが、色が無色でなくても珍しい

色をしている場合は価値が上がります。例えば天然ピンク、オレンジ、バイオレットカラーなどなど・・

特に天然ブルーダイヤやレッドダイヤなどはほとんど産出されていないので他のダイヤより飛びぬけて高額です。

これらの珍しい色をした高価な石をファンシーカラー・ダイヤモンドと呼んでいます。

ダイヤモンドの場合は4Cの評価プラス希少性が高い石ほど、価値が上で高額といえるでしょう。

Q )  宝石のお手入れで簡単な方法ってどんなの?

ダイヤモンドやサファイヤ、ルビーなど丈夫な石がついた指輪やネックレスは、中性洗剤を少量入れたぬるま湯に

数分浸した後、使い古した歯ブラシで軽く磨いてから水またはお湯で洗い流したあとで拭いて乾かしてもらえば

よいでしょう。特にダイヤモンドの場合は油膜が付きやすい性質があるので小まめに洗浄すると、いつまでも元の

輝きが保てるはずです。汚れがひどい場合は超音波液体洗浄が有効ですのでご来店ください。

またエメラルド・オパールなど欠けやすい石や、珊瑚・パール・カメオなどは専門店にまかせていただいた

方がよろしいと思います。とにかくこれらのものはデリケートなので、お使い後はやわらかい布なので拭いて

宝石箱や日の当たらない場所にしまう習慣をつけることが肝心です。

Q )  金やシルバーの指輪などの汚れはどうすれば落ちるの?

金は太陽の光や紫外線によって部分的に茶色にくすんだりします。またシルバーの場合は空気にふれるつづける

ことで酸化して黒茶に変色してしまいます。当店では液体洗浄機にかけた後で、専用の研磨剤が入ったペーパーで

拭いて磨きをかけるか(簡単洗浄仕上)or機械にかけて細かい傷まで消してしまう(新品仕上げ)で対応しております。

             簡単洗浄仕上 300 〜    新品仕上げ 1500 

また世間では色々な方法が報告されているようです「?塩づけにして銀紙で包み汚れをとる?お酢に漬けて汚れをとる

などなど・・」ただこれらの方法の良し悪しについては、ご自身で判断されるしかないと思います。

もし試される場合は、くれぐれも真珠などが付いていないリングで行ってください。

基本的には専門店に預けられるのがよいとおいます。

Q )  トルマリン石はマイナスイオンが出て、健康に良いっていうけど・・・ほんと?

トルマリンは別名電気石と呼ばれ、0.06ミリアンペアという微弱電流が流れています。

これは人間の波長と合い、常に発生するヒドロキシルイオンといわれるマイナスイオンは身体の中にある毒素を

排出し癒してくれるとされています。 なので体に良いというのはほんとうです。

ただ、いくらマイナスイオンを発生させるからといっても微弱ですので、それなりの効果を期待するためには大量に

必要かもしれません。黒色のトルマリンがその効果が絶大で、時折太陽にあてることでエネルギーが活性化します。

もちろんカラフルな色のトルマリンもマイナスイオンを発生させていますが、美しい原石のものは宝石にカットされて

宝飾品として愛用されています。グリーンやピンク色が人気で、ピンクの中でも赤みが強い別名:ルベライトという石は

希少価値がトルマリンのなかでも高い石です。

Libero☆diamanteでは綺麗な色のトルマリン宝石はもちろん、ブラックトルマリン(黒色)の原石も扱っておりますので

興味のある方は実際にお試しになられてみてはいかがでしょうか
    


<次のページ>
-1-
CopyRight(C)2009 Libero−diamante/Sunflane All rights reserved